旗手怜央のミスでセルティック主将が出場停止…ついに井手口陽介が今季初登場か。地元紙が見解「次節は最高の機会」

海外日本人選手

1

旗手怜央のミスが、結果的に井手口陽介へのアシストになるのだろうか。

1月の加入以降、井手口はフィジカルの問題に悩まされてきた。先発デビュー戦で負傷して出遅れると、今季もケガで開幕を前に戦列離脱。まだ1試合にも出場できていない。

だが、地元紙『Daily Record』は10月4日、セルティックがセント・ジョンストンと対戦する8日のスコティッシュ・プレミアシップ次節で、井手口に出場機会が与えられるかもしれないと報じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e245db169ae584cd51a0305387a4b3fa829cdce

故障で出遅れ、今シーズンはここまでまだ出番のない井手口

2

セント・ジョンストン戦でセルティックはカラム・マグレガーを欠く。前節マザーウェル戦の終了間際、旗手のバックパスがミスとなり、決定機になりかけるのを阻止したマグレガーが一発退場。次節は出場停止で出られない。

Daily Record紙は「彼はすぐにセルティック・パークで忘れられた男となった。だが、ヨウスケ・イデグチが来週、プレーに参加することはあり得るだろうか?」と報じた。

「セント・ジョンストン戦ではマグレガーが出場停止だ。中盤の底で代役を務めるのが誰かは、まったく分からない」

同紙は「オリバー・アビルゴーはまだクラブで1分しかプレーしておらず、アーロン・ムーイはインターナショナルウィーク前のセント・ミレン戦での黒星でペースを失ったようだ」と続けている。

「セルティックでのイデグチのキャリアはケガによって狂わされた。マグレガーが常に出場していることで、彼の出場機会は極めて限られる。来週は、一定の出場時間を得る最高のチャンスだ」

古橋亨梧、前田大然、そして旗手と、同胞の日本人選手たちはいずれもチームの主力として欠かせない存在となった。井手口だけが出遅れている状況なのは否めない。

3

セント・ジョンストン戦は、井手口が事態を好転させるきっかけになるだろうか。

コメント

  1. 名無し より:

    普通にオーストラリア人の選手が先発でしょ

  2. 名無し より:

    そろそろ井手口にもチャンスあげてほしいね

  3. 名無し より:

    井手口もはまればいけると思うんだけどな。

  4. 名無し より:

    ポステコは摩擦を生まないために日本人を4人同時には出さない。

  5. 名無し より:

    ボール持った時の判断が若干パニクってるように映る。なんかイップスにでもハマってるんじゃ・・。

  6. 名無し より:

    前にちょっと出た時の印象だと一人だけポジション取りがおかしかったから
    そういうのが改善してないんだったら今後も出れないと思う
    使える状態なら基本的にポステコは使うから

タイトルとURLをコピーしました