セルティックが7連勝! 古橋亨梧が2桁得点達成…前田大然は終盤に試合を決める追加点

古橋亨梧

1

スコティッシュ・プレミアシップ第15節が9日に行われ、セルティックとマザーウェルが対戦した。

チャンピンズリーグ(CL)では未勝利で敗退を喫したセルティックだったが、スコティッシュ・プレミアシップではここまで圧倒的な強さを披露。前節終了時点で2位のレンジャーズに勝ち点差「7」をつけ、首位を独走している。好調をキープしたままFIFAワールドカップカタール2022の中断期間に入るためにも、勝利が必須な3連戦の2戦目を迎えた。

セルティックは前節のダンディー・ユナイテッド戦(○4-2)からスターティングメンバーを6名変更。旗手怜央はリーグ7試合連続のスタメン入りを果たし、古橋亨梧は2試合ぶりに先発に名を連ねた。前田大然はベンチから出番を待つ。

【スコア】
マザーウェル 1-2 セルティック
【得点者】
0-1 15分 古橋亨梧(セルティック)
0-2 84分 前田大然(セルティック)
1-2 86分 ロス・ティアニー(マザーウェル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/726e8a44624fc58f8a6540ff6be4668c8d7330c1

古橋と前田のゴールでセルティックが7連勝

2

試合は開始早々の3分にマザーウェルがビッグチャンスを迎えるが、ケビン・ファン・フェーンの右足シュートはポストに嫌われる。セルティックは即座に試合を落ち着かせると、15分に最初の決定機が到来。ペナルティエリア手前で左サイドからのパスを引き出したマット・オライリーがボックス侵入を試みる。1度はボールを失ったものの、即座に奪い返し、マイナスへグラウンダーのクロスボールを供給。中央で待っていた古橋が押し込み、セルティックが先手を取った。古橋はこれで今季のリーグで10ゴール目。早くも2桁得点に到達した。

前半に1点をリードしたセルティックだったが、その後はなかなか追加点を挙げられず。19分にアーロン・ムーイ、33分に旗手、34分にはジョタがシュートを放ったが、得点には結び付かない。試合はセルティックの1点リードでハーフタイムに突入した。

後半に入ってもセルティックが試合の主導権を握ったが、なかなか決定的な2点目が奪えない。終盤に差し掛かった80分、アンジェ・ポステコグルー監督は前田とオリヴァー・アビルゴールをピッチに送り出す。するとその前田が早速大仕事。84分、自陣右サイドからボールを持ち運んだデイヴィッド・ターンブルが逆サイドに展開すると、左サイド高い位置で待っていたのは前田。ファーストタッチで加速して対峙する相手を振り切り、左足で冷静にゴールネットを揺らした。前田の今季3点目で、セルティックが試合を決定付けた。

直後に1点を返されたセルティックだったが、その後も攻撃の手を緩めない。残り時間わずかとなっても相手ゴールに迫る場面を作ったが、これ以上の得点は生まれず、試合はタイムアップを迎えた。セルティックがリーグ7連勝を記録している、なお、古橋と旗手は共に69分までのプレーとなった。

次節はいよいよ中断期間前最後の一戦だ。セルティックは12日にロス・カウンティをホームに迎える。一方、マザーウェルも同じく12日、敵地でセント・ジョンストンと対戦予定だ。

コメント

  1. 名無し より:

    ハイライト一発目の失点未遂の旗手の軽いプレー。
    押し込んでない状況で周囲の確認もせずに反転を狙うと駄目っていう良いお手本だな。
    あと前田は本番でもこういう形で得点できれば理想だね。

  2. 名無し より:

    チームメイトとの画像でほっこりしました。

  3. 名無し より:

    一方浅野は?上田は?

  4. 名無し より:

    直近の攻撃陣で唯一浅野だけ活躍を聞かんけど怪我でやっぱダメなんじゃ

タイトルとURLをコピーしました