復帰近づく旗手怜央、セルティックOBが期待「新戦力のようなもの」

海外日本人選手

1

セルティックのMF旗手怜央の復帰が近づき、現地では期待が高まっている。『フットボール・インサイダー』が伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1c44d5f706789fec57c8e55496ff40e4e04666a

復帰近づく旗手怜央

旗手はハムストリングの負傷で8月から12月にかけて11試合連続で欠場。1月と2月のアジアカップを前にフィットネスを取り戻していたが、アジアカップのバーレーン戦で再び同箇所を痛め、6週間の離脱となっていた。

それでも、復帰へと近づいており、セルティックOBであるフランク・マカヴェニー氏は旗手の存在が大きなものになると期待している。

「ハタテはプレーできるだろう。彼が戻ってくるのは新戦力のようなものだ。彼が戻ってくれば、新鮮な空気が吹き込まれるだろう」

なお、旗手は今シーズン、11試合に出場して2ゴール・2アシストを記録している。

タイトルとURLをコピーしました