クロップ監督がスタッフと「最後の撮影」 本拠地で見られた“絆”にファン感涙

プレミア
1
イングランド1部リバプールのユルゲン・クロップ監督は、今季限りでクラブ指揮官を退任する。現地時間5月19日の今季プレミアリーグ最終節がリバプールで指揮を執る最後の試合となるなか、クラブのコミュニケーション担当副社長クレイグ・エバンス氏がスタッフとの「最後の撮影」を公開し、反響を呼んでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c9df8a3e9fd26c21177207c490f5f9d601c2394b

クロップ監督が大勢のスタッフと“最後の撮影”に臨んだ一部始終



2015年10月からリバプールを指揮しているクロップ監督。9季の在籍期間でリーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇をはじめ、8つものタイトルをクラブにもたらした。今シーズンは一時、プレミア制覇など4冠の可能性があったものの、獲得できたタイトルはリーグカップ(カラバオカップ)のみ。それでも、クロップ監督がクラブに残した偉大な功績が霞むことはないだろう。今季最終節となる19日のウォルバーハンプトン戦で、ホームの観衆と分かち合う最後の瞬間から目が離せない。

そんなクロップ監督が本拠地アンフィールドで獲得したトロフィーと、スタッフとともに納まった最後の写真撮影の様子を公開。スタンドには大勢のスタッフが駆け付け、8つのトロフィーが並んだ。エバンス氏は「彼の在任期間中ずっとここにいられたことを誇り、光栄に思います」と公式SNSで綴った。

ファンからは「素晴らしいビデオ」「リバプールが今のようなチームであるのは皆さんのおかげ」「アメージング」「悲しみに耐えられない」「なんて人」「本当にたくさんの人とのいい関係」と反響が寄せられた。

クロップ監督も穏やかな表情を見せ、クラブスタッフと築き上げた絆が垣間見られるシーンとなっていた。
タイトルとURLをコピーしました