U-17日本女子代表、U17女子W杯への出場権獲得! “日韓戦”を制してアジア杯決勝に進出

なでしこ
1
『AFC U17女子アジアカップ インドネシア2024』の準決勝が16日に行われ、U-17日本女子代表とU-17韓国女子代表が対戦した。

U-17タイ女子代表、U-17オーストラリア女子代表、U-17中国女子代表と同居したグループBで、全勝を記録しながら首位通過を果たしたU-17日本女子代表。今大会は、上位3カ国に『FIFA U17女子ワールドカップ(W杯)』の出場権が与えられるため、準決勝で勝利すると世界への挑戦権を手にすることとなる。対するU-17韓国女子代表は、グループAを1勝1分1敗の2位で通過。両国のプライドがぶつかり合う“日韓戦”がセミファイナルで実現した。

【スコア】
U-17日本女子代表 3-0 U-17韓国女子代表
【得点者】
1-0 40分 根津里莉日(U-17日本女子代表)
2-0 67分 眞城美春(U-17日本女子代表)
3-0 88分 眞城美春(U-17日本女子代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/eba68611bb2a709edf56196a3affff30845491b4

“リトルなでしこ”がU-17女子W杯の挑戦権を獲得



試合は、立ち上がりからU-17日本女子代表がU-17韓国女子代表を攻め続ける。21分には、眞城美春が中盤でボールをキープしながら右サイドに展開。木下日菜子が縦に突破しながら低い弾道のクロスを送ると、ニアサイドに飛び込んできた古田麻子がダイレクトで合わせる。しかし、シュートは惜しくも枠の右に外れてしまった。

すると、40分にU-17日本女子代表がスコアを動かす。GKからビルドアップしてボールを前進させると、古田が右サイドでのカットインから柔らかいクロスを供給。ペナルティアーク付近で辻あみるがワンタッチで落とし、根津里莉日がダイレクトで右足を振り抜く。丁寧にコントロールされたシュートはゴールに吸い込まれ、U-17日本女子代表が先制に成功した。

リードを許したU-17韓国女子代表も、前半アディショナルタイムに相手のクリアを拾ったウォン・ジュウンが、ボックス手前で右足に持ち替えながらミドルシュート。だが、U-17日本女子代表のGK福田真央が強烈な一撃を弾き出し、大きなピンチを防いだ。

後半も攻勢を強めるU-17日本女子代表は、59分に古田のミドル、直後に眞城のヘディング、62分にも眞城がGKと1vs1の局面を迎えるが、いずれもGKにセーブされてしまった。一方、U-17日本女子代表のGK福田も、味方のバックパスを奪われた流れから大きなピンチを迎えたが、鋭い飛び出しから決定機を防いでチームを救う。

そんななか、67分に右サイド深くでロングパスを受けた福島望愛が、余裕を持った状態から右足でクロスを蹴り入れ、相手のクリアミスによって生まれたセカンドボールを眞城が回収。左足で狙ったシュートがネットを揺らし、U-17日本女子代表のキャプテンが貴重な追加点を挙げた。さらに眞城は、88分にも木下が放ったシュートのこぼれ球を押し込み、勝負を決める3点目をマークした。

結局、試合はそのまま3-0で終了し、勝利したU-17日本女子代表が『FIFA U17女子W杯』への出場を決めた。

決勝は19日に行われ、U-17日本女子代表はU-17北朝鮮女子代表vsU-17中国女子代の勝者と激突する。

コメント

  1. 匿名 より:

    この眞城って娘、上手いなあ。
    2ゴールもすごいけど、ボランチの位置からのボール散らしの上手さはポスト長谷川だな。

タイトルとURLをコピーしました