「古橋や旗手はうまくやっているが…」セルティックの補強戦略をOBが疑問視「大金をもらって座っているだけの選手も大勢いる」

古橋亨梧
1
古橋亨梧や旗手怜央、前田大然らが所属するセルティックは、すでに新シーズンに向けて始動している。だが、この夏はまだ目立った補強がなく、サポーターはやきもきしている。一方で、人員整理も必要な状況だ。

OBのスコット・アレンは、適切なチーム編成で層に厚みをもたせることが必要と考えているようだ。そのために、クラブは人材を見極めているのではないかと話している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/02e2ac1dffed55a0bb5ec314b117b3cc508cfef8

古橋はセルティックにとって大ヒットの補強だった



セルティック専門サイト『67 HAIL HAIL』によると、アレンは『BBC Sport』で「ここ数年の欧州での出来から、ファンはそれ(層の変化)を求めている」と述べた。

「アジアから来た選手の一部は本当にうまくやっている。ハタテやキョウゴだ。でも、セルティックから大金をもらいながらピッチサイドで座るだけで、試合に出ていない選手も大勢いる」

「(グラスゴーの)どちらのチームもユースから誰か出てきたか? おそらく、この数年は十分でなかった。どちらのクラブも変化があるだろう。だが、セルティックは今回、我慢をして、適切な選手を探しているようだ」

コメントを紹介した67 HAIL HAILは、「加入するすべての選手がプレッシャーに対処できるわけではない」と報じている。

「ブレンダン・ロジャーズ監督とスタッフは、そのミスを犯す余地を最小限にする方法を見つけなければいけない。高いレベルの選手たちを狙うのがその方法かもしれないが、競争にもつながる。だからこそ、セルティックのファンは補強を待たされているのかもしれない。いずれにしても、リーグ開幕まで1か月を切っており、サポーターがそれほど待たなくてすむことが願われる」

ロジャーズが復帰して1年目だった昨季、スタイルを変えたセルティックは、アンジェ・ポステコグルー体制のように国内を支配するに至らず、難しいシーズンを過ごした。それでも2冠を達成し、来季はさらなる飛躍を目指す。その新シーズンに臨むスカッドは、どのような編成となるのだろうか。

コメント

  1. 匿名 より:

    ロジャーズが微妙なのに選手のせいにするのは違う

  2. 匿名 より:

    要するに、韓国人を全員切り捨てて、アジア人とは関係なく別の選手を入れたいんだろ
    それか、日本人の移籍ブームを目にして、自分達セルティックにもさらに1人でも代表レベルの若手選手が欲しいと思ってるのかも
    セルティックでレギュラーとして通用するのは代表レベルだけど、ステップアップできないんじゃ若手には行く意味がない

  3. 匿名 より:

    真っ先に前田の名前が挙がらんとかこいつニワカかよ

タイトルとURLをコピーしました