苦境脱出のGKシュミット ヘントで復活宣言「以前より野心的になっている」

海外日本人選手

1

ベルギー1部ヘントのGKシュミット・ダニエル(32)が〝逆襲の道〟を進んでいる。

2019年夏にベルギー1部シントトロイデン入りしたシュミットは、昨オフにフランス1部メス入りで合意したとされるが、交渉は最終的に破談となり、不本意な形で残留。しかもシントトロイデンは、シュミット移籍の前提でGK鈴木彩艶を獲得していたため、出場機会も失った。飼い殺し状態となり、日本代表からも外れ、厳しい状況に置かれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aaf789e869c770a2a0529c038b1c719b6a40cb78

シュミット・ダニエル ヘントで復活宣言

ヘントの守護神に負傷者が出たこともあり、今冬に新天地入り。シュミットは、ヘントのクラブ誌「WigWam」に今季前半について「ステップのために加入したシントトロイデンには、結局4年半在籍した。昨夏にようやく退団のときが来たが、移籍は実現しなかった。だから、シーズン前半は出場機会もなく、とても苦しい時期だった。でもトレーニングを続けてフィットネスを維持した」と振り返った。

不遇の時間を過ごしていた中、ヘントからオファーが届く。「連絡をもらったときは、信じられないほどうれしかった。すでにこの街を愛していたし、友人もいる。しかもベルギーのトップクラブだしね。2027年までの契約で、ようやく一歩を踏み出すことができた。年齢は関係ないし、以前よりに野心的になっている」とやる気をみなぎらせた。

新天地では、年明けからポジションをつかみ、リーグ戦7試合連続でスタメン出場中。このパフォーマンスを続けていけば、日本代表への復帰も見えてくる。森保ジャパンでも再び定位置を取りにいく。

コメント

  1. 名無し より:

    日本のGK勢は今がチャンスだから奮起して欲しいね
    ザイオンにはまだ次があるので、シュミットや中村の復帰を願う

  2. 名無し より:

    アジアカップでこれほどシュミットが恋しくなった事は無かったよ
    中村もだけど、まだまだ代表で必要な存在
    ベルギー強豪からオファー来たのは伊達じゃない、頑張ってほしい

タイトルとURLをコピーしました